あなたの着物は高く売れる?高値が付く着物ってどんな着物?

着物を売ることを決意すると気になるのがいくらで売れるかです。着物買取店に持ち込む際も自分が持ち込む着物に価値があるかちゃんと調べてからもっていくようにしましょう。全くの無知識で持ち込むと、高く売れるかもしれないのに安く査定されてしまったということになりかねません。

そもそも高い査定がつく着物とはどんな着物なのでしょうか?もちろん条件としては正絹の着物になります。ウールやポリエステルの着物や、シミや傷やいたみがひどい着物はお値段が付きにくくなります。また喪服や真っ黒な無地の着物も同様です。

まずはシミや汚れは査定に大きく影響します。多少の色落ちや汚れがあっても買取は可能ですが、保存状態は重要となってきます。また未使用のまだしつけ糸のついた着物もすぐに販売することができるため、高値で引き取りしてもらえます。要は着用回数が少ないほど買取価格が上がります。

またその時々の流行にも左右されます。流行している絵柄であった場合は買取も高価になります。今どんな柄が流行っているかわからない場合は買取店に問い合わせしてみるのもいいでしょう。

サイズの大きい着物も買取価格をアップさせます。大きい着物とは着丈160㎝以上、裄丈65㎝以上の着物のことをいいます。小さいと小物づくりの布になってしまうため査定も下がってしまいます。

そして購入時も高い値段で購入したと思われる、有名作家の着物や、高島屋、三越などでの美術展覧会で購入したものも高値が付きます。そして染織品などの文化財も高値になります。有名なところで大島紬、結城紬、芭蕉布、宮古上布、花織、越後上布、各地の友禅などがそうです。

また高級な着物には証紙がついています。証紙とは着物の品質や産地を証明するものです。この証紙があるか無いかで査定額は大きく変わります。さらに収納箱もあればさらに高価な査定がつくかもしれません。

着物の価値は買取店によって大きく変化します。まずは一つの店舗に絞らず、複数店舗に持ち込むようにしましょう。良い着物ほど、しっかりとした買取店に持ち込むことが重要となってきます。価値のある着物だったのに、しっかりと査定してくれる店舗に持ち込まなかったため、何もわからず安値で売ってしまったということになったら勿体ないですよね。

東京オリンピックに向けて着物はさらに注目を集めることになると考えられます。高価買取で手放すのであれば今がチャンスといえます。

箱に入れて送るだけ!着なくなった着物は買取してもらうのがおすすめ!

祖母や母から引き継いだ着物をもっている人も多いのではないでしょか?着物のいいところは時代が移り変わってもでデザインが古くなった、恥ずかしくてきれいなといったことがありません。また少々体型に変化が現れても着れなくなったということになりません。母や祖母より着物を借りて着たりできるのが魅力です。

しかしあまりにも着る機会に恵まれない場合、タンスにしまって保管していますよね。いくら良い着物をもっていても、ずっとタンスにしまっていては着物は虫に食われたり、変色してしまったりとせっかくの着物が大変なことになってしまいます。そんな時は思い切って着物を手放すことも大切です。着物はあまり着るチャンスがないのにお手入れは大変です。また専用の桐タンスに収納しなければならず、タンスが邪魔になってしまいます。着なくなった着物は着物を買い取りしてくれるところがあるため、そういったところに売るのも良い方法です。一般的に有名なのがジュエリーなどの貴金属の買い取りですが、着物の買取をしているところもあるので、そういったところを探して売ってしまうのがいいでしょう。

着物の買取は二通りあります。

まずは直接自分で着物をお店に持っていき買い取ってもらう方法です。しかし着物を着物を店舗までもっていこうと思うと着物って結構かさばるものです。かなりの重さにもなりますし、ムダにシワをつけてしまわないように注意しながらもっていかないといけません。

そんな時におすすめなのが、店舗に持っていく必要がない訪問買取や宅配買取がおすすめです。訪問買取の場合、直接自宅まで来てもらうことができ、その場で金額を聞くことができるので、自宅において交渉が可能なのが魅力です。また宅配買取も箱に入れて送るだけでOKなので、引っ越しの際に着物を売ることにしても、さっと箱に詰めておくるだけでOKなので、あまり時間のない人にもおすすめです。また中には着物を梱包するセットも無料で配布してくれる着物買取店もあるのでそういうお店をさがしてみるのもいいでしょう。

着物は着るチャンスが無ければもったいないものです。また家に保管していても、お手入れや保管場所にも困ります。大切な着物だけ残して、あまり着るチャンスのない着物は思い切って手放すこともおすすめです。

着物は日本の古き良き文化です。ちゃんと着てもらえる方にお譲りするのも日本の伝統を残すのに良い方法なのではないでしょうか?

あなたの着物はタンスの肥やしになっていませんか?虫干ししないと大変なことになる!

ひと昔前まで子供の小学校入学式は着物でくるお母さまたちがほとんどでしたが、今は着物を着ている人がほとんどみかけません。成人式以来着物を着ていないという人も多いのではないでしょうか?着物は日本の伝統であり、着物に描かれた絵柄は日本ならではの美しさを醸し出しています。しかし現在は着物のレンタル屋も多くあり、わざわざ着物を仕立てようと考える人が少なくなりました。また着るチャンスが少ない分レンタルで済ませようと考える人がほとんどです。

たとえ母親が花嫁道具として着物を持っていても、なかなか着ようと思う気にならないものです。着物を着る大変さ、着物を着ての行動の大変さを考えるとハードルが高いですよね。

着物がタンスの肥やしになっているご家庭も多いのではないでしょうか?着物を買った時の和紙に包み、桐タンスに収納しておけばきれいなままの状態で着物を保管できると思っていたら大変なことになってしまうのです。着物は定期的に虫干ししなければいけません。虫干しは桐ダンスから着物を取り出し、陰干しをして着物についた虫を取り除く作業です。年に2,3回ほど虫干しを行う必要があります。タンスに入った着物全部に対して行わないといけないため、着物を大量に持っている方は結構大変な作業になります。着物は型崩れしにくいので、部屋にロープかけて一気に陰干ししてしまいましょう。湿気の少ない晴れた日に3時間ほど陰干しするだけでOKです。もし虫食いやシミを発見したらクリーニングに出したり、繕ったりしてください。また桐タンスもしっかり掃除を行い、防虫剤を変えておけば1年間は安心です。

着物はとても高価なものでもあり、祖母から引き継ぎ3代目引き継げるものもあります。着物のいいところは洋服のようにサイズが変わってもそのまま着ることが可能なところにあります。また長さも帯で調整できまうので、今日はちょっと母の着物を借りてというように楽しむことができます。

しかし高級な着物はその分お手入れも大変です。高級な着物であれば洗い張りと言って、着物を一度すべてほどいて洗い、また一から仕立て直すという方法を行う場合もあります。

着物はあまり着る機会に恵まれない分タンスの奥にしまったままという人も多いですよね。虫干しも年3回程度することが理想ですが、あまり着ることがない分、年3回の虫干しは大変ですよね。その際は年に1回でもいいので行うようにしましょう。着物はお手入れがとても大変です。

いくら良い着物をもっていても着る機会がなく、お手入ればかりしている人は着物を手放す勇気を持つことも大切です。

 

あなたの着物は大丈夫?すぐ傷んでしまう着物の保管方法とは・・・

ひと昔前まで、結婚の花嫁道具として用意されていた着物ですが、現在は着物を用意する人も一握りではないでしょうか?一式着物を用意してお嫁に行くといった風習も少なくなってきました。

しかし自分の母親世代の60代になると一通り用意してお嫁に行くのが支流でした。タンスの中には着物がいっぱいという家庭も多いのではないでしょか?今はもっぱら着る機会がなくなった着物ですが、着物は保管方法がとても大変なのです。現在の着物のほとんどが正絹で作られており絹100%です。着物が普段着だった頃は木綿の着物が多く作られ、木綿であれば洗濯もできますし、多少湿気の多いところに保管していても着物が傷むといった心配はさほどありませんでした。しかし今主流の絹はそうはいきません。絹は動物性の天然繊維であり、湿気の多いところで保管しているとたんぱく質を栄養源としてカビが繁殖してしまいます。さらに模様として金糸や銀糸が縫い込まれているものは金属が湿気によって変色してしまうこともあります。

またこれ以外にも虫も例外ではありません。服を保管していると虫に食われてしまうことがありますよね。着物に使われている絹糸は虫にとっては大好物なんです。絹には虫が大好きなたんぱく質が含まれているため、他の衣料よりも保管が大変なのです。とはいっても保管方法に気を遣わないといけないのは高価な正絹の着物や、金糸や銀糸を使ったものです。浴衣や木綿で作られた着物は普通の洋服同様の保管方法で問題ないので安心してくださいね。

購入したばかりの着物はたとう紙という和紙で包まれています。和紙は吸湿性に優れており、これに包んでおくと安心です。保管の際に着物の柄が見えなかったり、包むのが面倒だと感じるかもしれませんが捨ててしまわないようにしましょう。

そして着物は桐タンスに保管するようにしましょう。桐は板になっても呼吸しているんです。湿気を嫌う着物にとっては一番良い保管場所なんです。今は桐タンスがお家にある家庭も少ないとは思いますが、プラスチック製の衣装ケースは湿気を逃さないので着物の保管には不向きです。保管場所くらいと思われがちですが、着物はとても繊細で、着る機会にあまり恵まれない分、着物にとって良くない方法で保管しているとアッという間に傷んでしまいます。着物は決して安いものではありません。着るチャンスがないまま傷んでしまったら勿体ないですよね。しっかり着物の保管知識を身につけておきましょう。

 

 

日本の古き良き文化!日本人の着物離れが深刻!

皆さん着物にどんなイメージをお持ちですか?

現代の日本では日常生活のほとんどが洋服で生活し、着物を着る機会がめっきり減りました。一般的に着物は晴れ着のイメージが強く、結婚式やお葬式などの礼服として使用されることが多くなりました。昔の人が日常生活において着物を着て生活していたと考えるともちろん慣れもありますが、その大変さを想像してしまいますよね。何をするにも袖を気にして、トイレに行くのだって一苦労。こういった楽ができないのが、着物離れを強くしたのではないでしょうか。

日本には伝統的行事としてお正月、七五三、成人式など、着物を着る機会がありますが、今や七五三も成人式も着物を着て、記念に写真だけといった人が多くなりつつあります。

しかし着物は日本の文化にこけ込みやすく、日本人の体型、顔立ちを映りよくしてくれます。現代ではお正月でさえ着物を着る機会がなく、大人になってから着物を着たのがいつだろうと思い出せない人がほとんどです。私の母の時代はお正月に着物を着て会社に新年のあいさつに向かうのが当たり前で、そんな古き良き風習もなくなってしまったのが現状です。昔は嫁入り道具に着物を持たせるのが支流で私の母もたくさんの着物をもっています。しかし、きているところを見たことはありません。今の日常において、着物に触れ合う機会がめっきり減ってしまったことが、着物離れを一層深刻にさせた理由と言えるでしょう。

またアンケートによると着物を着たことがある人の中にはダントツに七五三や成人式が多く、そのあとは着る機会に恵まれない人がほとんどです。その要因に着物を自分で着ることができないところにあります。着物はぴっしっときてからこそ、そのシルエットの美しさが魅力です。しかし、着せてもらうとなると着付け代がかかります。また、着せてもらうのに時間もかかりますし、相当帯を締めないと時間が経つと着崩れてきたという最悪の状態になってしまいます。

自分で着物が着れたらとても素敵だと思いますが、今の若い人の中で一番身近なのは浴衣ではないでしょうか。浴衣であれば少々着崩れてしまっても自分で直すことができますし、着付けも簡単です。

今や着物をもっていても手入れが大変な挙句、着る機会がなくもったいないですよね。着る機会がなく、タンスの肥やしになっている人はこの際思い切ってタンスの中を見て着物に触れてみるのもいい機会ですね。また着物を着てみようと思うきっかけになるかもしれません。