あなたの着物は高く売れる?高値が付く着物ってどんな着物?

着物を売ることを決意すると気になるのがいくらで売れるかです。着物買取店に持ち込む際も自分が持ち込む着物に価値があるかちゃんと調べてからもっていくようにしましょう。全くの無知識で持ち込むと、高く売れるかもしれないのに安く査定されてしまったということになりかねません。

そもそも高い査定がつく着物とはどんな着物なのでしょうか?もちろん条件としては正絹の着物になります。ウールやポリエステルの着物や、シミや傷やいたみがひどい着物はお値段が付きにくくなります。また喪服や真っ黒な無地の着物も同様です。

まずはシミや汚れは査定に大きく影響します。多少の色落ちや汚れがあっても買取は可能ですが、保存状態は重要となってきます。また未使用のまだしつけ糸のついた着物もすぐに販売することができるため、高値で引き取りしてもらえます。要は着用回数が少ないほど買取価格が上がります。

またその時々の流行にも左右されます。流行している絵柄であった場合は買取も高価になります。今どんな柄が流行っているかわからない場合は買取店に問い合わせしてみるのもいいでしょう。

サイズの大きい着物も買取価格をアップさせます。大きい着物とは着丈160㎝以上、裄丈65㎝以上の着物のことをいいます。小さいと小物づくりの布になってしまうため査定も下がってしまいます。

そして購入時も高い値段で購入したと思われる、有名作家の着物や、高島屋、三越などでの美術展覧会で購入したものも高値が付きます。そして染織品などの文化財も高値になります。有名なところで大島紬、結城紬、芭蕉布、宮古上布、花織、越後上布、各地の友禅などがそうです。

また高級な着物には証紙がついています。証紙とは着物の品質や産地を証明するものです。この証紙があるか無いかで査定額は大きく変わります。さらに収納箱もあればさらに高価な査定がつくかもしれません。

着物の価値は買取店によって大きく変化します。まずは一つの店舗に絞らず、複数店舗に持ち込むようにしましょう。良い着物ほど、しっかりとした買取店に持ち込むことが重要となってきます。価値のある着物だったのに、しっかりと査定してくれる店舗に持ち込まなかったため、何もわからず安値で売ってしまったということになったら勿体ないですよね。

東京オリンピックに向けて着物はさらに注目を集めることになると考えられます。高価買取で手放すのであれば今がチャンスといえます。