騙されてはいけない!着物買取はお店選びが重要!

着物は日本の古き良き文化ではありますが、着物を着るチャンスは減る一方なのが現状です。着物を購入するとなると着物、帯、草履と一式となるとかなりの金額になります。そのため手放すとなるととても勇気のいるものです。しかし着物は長期保存していると傷んでしまうため、年に数回お手入れをしなければならず結構手間がかかります。あまり着る機会もないし、手放そうと思うと高かった分「もしかして高く売れるかも」と期待していしまいます。

しかし、買取金額は買取業者によってばらつきがあるため、すこしでも高く売りたいのであれば、いろんな店に行って査定してもらうことが大切です。着物を売る人の中には長いこと着ていないので保存方法が悪い着物や着物自体の価値が分からないという人も多いはずです。手っ取り早く売るために着物の知識のないチェーン店に持っていくのはやめた方がいいと言えます。いくら着ない着物だと言ってもできるだけ高い金額で売りたいのが本音です。チェーン店は保存状態の悪い着物も引きとってくれますが、ほとんど処分という価格の場合もあります。着物の価値が分からず、そういうところに売ってしまう人も多くいますが、あなたにとってはなんでもない着物でももしかすると価値のある着物である可能性もあります。ちゃんとしっかり査定してくれるお店に持ち込むことが一番です。

世の中には着物の知識がある人は少ないのが現状です。あまり知識のない人が着物を持ち込むと、どうせ価値が分からないのだからと不当な査定をされてしまう可能性もあります。

着物を売る場合はリサイクルショップや古着屋は避けなければいけません。ほんとは1万円で売れるところを数百円になってしまったということもあるのです。特に全国チェーン店の店は危険です。チェーン店の場合、経費削減の為にアルバイトを雇いあまり知識のない人が買取査定をしている可能性があります。ちゃんと高価買取の実績のあるお店を選ぶことが大切です。着物は買う時は高く、売る時は安いと思われがちでですが、ちゃんと着物の価値が分かるところに持っていけば、思ったよりも高く売れるのです。

せっかく高いお金を出して購入した着物です。中には価値のある着物が眠っている場合もあります。また逆にもうだいぶ古くてボロボロの着物を処分したいと思うとリサイクルショップに持っていくといくらかにはなります。もちろん処分するつもりなので価格に期待はできませんが、中には店員が価値が分からず、思ったより高値が付いたというサプライズがあるかもしれません。